損をしない為にやっておくべき2つの事 | 中古マンション無料査定.com

alt_02

損をしない為にやっておくべき2つの事

不動産の売却は知識がなくても出来ます。しかし、しっかりと知識を持って入念に準備をしなければ大損してしまうケースがあります。そうならない為にも査定調査と仲介業者の比較、この2つに力を入れることを覚えておきましょう。

まずは入念に査定を実施しておきたい

自分の所有している不動産が市場でどのくらいの価値があるのか、これは査定を受けることで調査出来ます。査定は主に2つの方法があり、訪問査定と簡略査定があります。訪問査定は物件を目で見てもらい査定を受けることになりますが、簡略査定はネット上で簡単に査定を受けることが出来ます。どちらにもメリットがありますが、実際の価値から乖離することが好ましくないのであれば訪問査定を利用しておきましょう。簡略査定で業者を見つけておき、その後に気になる業者へ訪問査定を依頼するのがおすすめです。しっかりと価格調査しておくことで損するケースを回避出来ます。

相場を調査しておくことも重要なポイント

自分が売主として物件を販売する時に世間にはライバルがたくさんいることを意識しておいて下さい。価格の設定が勝負のポイントとなります。安い価格を設定すると他の物件よりも魅力的な物件として注目を浴びることが出来ます。しかし、ここで悩ましいのが利益が減ることです。そのため、自分の物件があるエリアにおいてしっかりと相場をリサーチしておくことが重要となります。同じような条件の物件において相場を調べておきますと、それほど利益を減らすこともなく買い手を探せるようになります。相場については定期的にチェックするのがセオリーです。

仲介手数料にはこだわりを持つことが大事

自分一人で物件を売却することは難しく、一般的には仲介業者を利用します。仲介業者を利用すると仲介手数料が発生するので、しっかりと仲介手数料にこだわりを持ちましょう。手数料の設定は法律で制限がありますが、法律の範囲においてはそれぞれの仲介業者が自由に手数料を決めることが出来ます。物件の売主としては少しでも手数料を抑えておきたいところであり、手数料を抑えられるほど利益を伸ばしやすくなります。仲介手数料は物件の価値が高額になるほど、比例して法律の上限値も高くなります。高額な取引ほどしっかりと仲介手数料にこだわることが大事です。

まとめ

不動産を売却する際に絶対に避けたいのは大損してしまうケースです。そのため、査定から相場のリサーチ、仲介業者の選び方までしっかりとこだわりを持っておきましょう。入念に準備を進めることで上手に利益を上げられるようになります

TOP