戸建ての査定で評価を上げるポイントとコツ | 中古マンション無料査定.com

alt_02

戸建ての査定で評価を上げるポイントとコツ

家の査定を少しでも高くするには、不動産屋の査定員に対してどれだけ良い物件であるか、物件のメリットをアピールすることが重要です。そこでアピールポイントを分かりやすく、簡潔に3つのポイントに分けて説明してきます。

戸建てのアピールポイントは生活性の良さ

戸建ての査定では、利便性よりも生活性が重視される傾向にあります。それは、戸建てを探している人は自分たちの生活や子供が安全に暮らせる環境を優先して考えているからです。生活性とは、騒音は気にならないか、緑が多く落ち着いた環境か、将来的な増築やリフォームの自由度はどうか、その町の住民性はどうか、保育園・幼稚園・学校が近くにあるかなどの住環境がアピールポイントになります。次に利便性が評価されます。利便性とは、駅までの距離や、スーパー・コンビニまでの距離などです。このようにアピールポイントを理解しておくことが大切です。

不動産査定時によくチェックされること

まず査定員が時間をかけて厳しくチェックするポイントは、構造躯体や日照具合などです。更に天井の高さ・収納・室内動線は良いか、台所やお風呂やトイレなど水回りは使いやすいか、フローリングや備え付けの家具の質感は良いか、生活スペースはどれくらい確保できるのか、生活設備の使い勝手や経年劣化などをチェックされます。もちろん、雨漏りや白アリ被害などもチェック対象に入ります。それらのチェック内容には、自分の努力次第で評価を高くできるので、修理できるところは直し、きちんと隅々まで掃除してきれいにしておくことが大切なポイントになります。

不動産査定で高評価になるポイント

まず訪問査定を受ける際には、居住内の荷物を片付けておき少しでも部屋を広く見せたり、すべての部屋の換気、カーテンの開放などで家全体を明るく見せることが大切です。特に玄関部分とリビングは、できるだけ明るく見えるようにしておきます。更に、過去にリフォームを行っている場合は、それらを時系列にまとめておきます。特に重要視されるのが太陽光発電システムです。太陽光発電を導入しているのであれば、月々の電気代がわかる台帳を作成しておき、光熱費の節約になるのか、毎月の売電でどれだけの収支があるのかまとめておき、アピールをする事で査定の高評価につながります。

まとめ

戸建ての査定は、不動産査定員に来てもらい、隅々までチェックしてもらわないと査定額が算出できません。そこで一社だけに査定を依頼し、家を売却してしまうと、本来売れるであろう価格よりも大幅に低い金額で売却してしまう可能性があるので、売却査定を依頼するをする際は、できるだけ複数の業者に依頼することがより高く売るコツです。

TOP