不動産購入の際に知っておく必要のあるポイント | 中古マンション無料査定.com

alt_02

不動産購入の際に知っておく必要のあるポイント

不動産の購入は大きな買い物となりますので、多くの人は慎重に物件を検討し購入へと進みます。その際には最低限の知識を得ているか得ていないかで損をしてしまったり、得する事もありますので、基本的な知識は得ておく必要があります

土地購入をする場合と、土地と家屋両方を購入する場合

これから不動産を購入する場合、土地を購入してから建物を建築するケースと新築建売住宅を購入するケース、中古の土地と家屋を購入するケースなどがあります。土地には課税されませんの、土地の部分は非課税です。新築建売住宅になりますと建物部分は課税対象となっていますので消費税がかかります。一般的には、売り出し金額は消費税込みで表記されています。中古住宅の場合は、売主が法人か個人かで変わってきます。売主が法人の場場合は課税対象になりますが、個人の場合は非課税です。中古住宅の場合、多くは個人が売主の事が多いです。

売主が法人か個人かを確認する事

売主が個人の場合は消費税は課税されませんが、物件購入を仲介する不動産会社に仲介手数料を支払わなければなりません。また中古住宅を不動産会社が買い取ってリノベーションなどをして再販した場合は課税対象になります。また買い替えの為に早期に不動産屋が買取をしている物件もあります。また中古住宅を売る際には、住んでいる最中に内覧をする事になりますので、内覧を嫌がる売主さんもいます。そのような場合は、不動産屋が買取をしてから再販するケースもみられます。中古住宅を購入する際には、必ず売主を確認する必要があります

仲介手数料を確認してから購入を検討

物件の購入の際には仲介手数料を支払います。新築建売住宅の場合、売主が直接販売する場合は手数料はかかりませんが、不動産屋が仲介する場合は仲介手数料が発生します。購入金額が高額な為、仲介手数料も高額になります。中には、仲介手数料を安くしている所も登場しています。中には、仲介手数料を無料にしている所もありますので要チェックです。その場合のメリットとデメリットを各自で判断して利用する必要があります。土地の購入に関しても仲介手数料を仲介する不動産屋に支払う事になります。また仲介手数料には消費税が課税されます。

まとめ

不動産の購入の際には、基本的な知識を得ている事はとても重要になります。仲介手数料無料にしている不動屋さんも増えてきています。広大広告を削減したり、人員を減らす事で実現しています。インターネットの普及に伴う事で実現している部分もあります。

TOP