不動産取得に当たって課せられる税金を軽減する方法 | 中古マンション無料査定.com

alt_02

不動産取得に当たって課せられる税金を軽減する方法

マイホームを購入するなど土地や建物の不動産を購入したり、贈与を受けて取得した場合、不動産取得税などの税金が課税されます。その後も固定資産税が課せられますので、土地の維持にはお金がかかります。しかし、物入りの住宅取得には、様々な税金を控除する制度があります。

住宅ローン控除により所得税の控除を受ける方法

マイホームなどの不動産を取得する場合、普通のサラリーマンであれば住宅ローンを組んで購入することが普通です。住宅ローンを利用して、住宅の購入や新築などをした場合で一定の要件を満たすときは、所得税について、住宅ローン控除の適用を受けることができます。住宅ローン控除を受けるためには、適用を受ける1年目に確定申告をする必要があります。1年目に確定申告をしたサラリーマンは、2年目からは年末調整で控除の手続きができます。この場合、税務署から送付された書類に必要事項を記入し、住宅ローンを組んでいる金融機関の残高証明書を添付して勤務先に提出すればOKです。

取得した住宅の不動産取得税を軽減する方法

マイホームを取得する場合で、土地や建物を購入したり、贈与を受けて取得したときは、不動産取得税がかかります。不動産取得税は、課税標準と言われる固定資産税評価額に税率をかけた金額で算定されます。本来の税率は4パーセントですが、これを軽減する特例措置があります。この場合において、新築住宅だけでなく、中古住宅を取得した場合にも適用されます。建物が建築された時期が新しい程、控除額が大きくなります。従って、軽減措置の適用を受けることができる物件であれば数万円、場合によっては免除されることになりますが、この適用を受けることができなければ数十万円になることもありますので、中古住宅を購入する場合は、軽減措置についても検討が必要です。

住宅ローンの利用なしでも所得税減税を利用できる場合

住宅ローンを利用することなく、自己資金のみ、現金で住宅を取得した場合、住宅ローンによる減税を利用することができません。しかし、耐久性や省エネルギー性に優れた長期優良住宅や低炭素住宅と認定された場合には、投資型減税制度を利用できます。これらの住宅の性能を強化するために必要とされる標準的な掛かり増し費用を対象として所得税の控除が行われます。1年で控除できなかった場合は、翌年の所得税から控除することになります。この掛かり増し費用についても見直し、拡充が行われますので、今後も利用する人が増加すると見込まれます。

まとめ

住宅を新築する場合、たくさんのお金がかかりますが、そのお金が日本の景気浮揚につながっています。政府も景気対策をさらに実効あるものにするため、今後も住宅所得に関して、様々な軽減制度を設けていますので、有効に利用したいところです

TOP