不動産の購入当たって必要な諸経費 | 中古マンション無料査定.com

alt_02

不動産の購入当たって必要な諸経費

マイホームを購入するのは、サラリーマンにとっては大きな夢です。マイホームなど、土地や住宅などの不動産を購入する時には本体価格に大きなお金がかかります。さらに加えて、いろいろな諸費用がかかります。不動産の購入に必要な金額の目安を理解するためにもその内訳を理解する必要があります。

売買契約時に必要な諸経費とその金額

売買契約を成立させる時点において、手付金を支払う必要があります。手付金の額は、売り主と買い主の合意によって定まりますが、売買代金の1割から2割程度が通例です。最終的には、売買代金に充当されますので、厳密に言えば諸費用には含まれませんが、売買契約時に必要な金額として費用に計上しておく必要があります。そして、見落とせないのが売買契約書に貼付する収入印紙です。売買価格に応じて印紙税が定められていますので、それに相当する金額の収入印紙を貼付しなければなりませんが、売買金額が大きいだけに印紙の額も大きくなります。

住宅ローンを組んだときに必要な経費

住宅を取得する場合、現金一括で購入できる人は希です。普通のサラリーマンであれば住宅ローンを組んで購入することになります。この住宅ローン契約書にも収入印紙を貼付しなければなりません。頭金を除いた借入額に応じて定められた印紙を貼ることになります。また、住宅ローンの抵当権を、ローンの目的の不動産に設定しますが、その設定登記にも登録免許税が必要です。さらに、住宅ローンは長期にわたって設定されますので、万一の場合に備えて団信にも加入しなければなりませんので、その保険料の負担も出てきます。加えて、ローンを組んだ金融機関への手数料も発生します。

法律的な見地から専門家に依頼する経費

土地や家を購入した場合、これが自分の所有物であることを明確にするため、所有権を自分名義にして登記を行うことが必要です。その際、司法書士に登記手続きをお願いしますので、その手続き費用も発生します。また、不動産の売買に当たってその仲介をしてくれた不動産会社に仲介手数料を支払わなければなりません。これらの費用は、自分で手続きをすることができれば費用は発生しませんが、専門的な知識がないと適正に手続きを済ませることができません。法律上の瑕疵があると不動産に対する所有権に影響がでますので、必要経費と割り切って専門家に依頼する方が得策です。

まとめ

不動産を購入するためには、本体か価格の他に、本体価格を基準として様々な経費が発生します。節約できるものもありますが、どうしても支払わざるを得ない費用がほとんどです。不動産の購入に当たっては、経費も加味して予算を組むことが重要です。

TOP