不動産の売却手続きの方法とその流れ | 中古マンション無料査定.com

alt_02

不動産の売却手続きの方法とその流れ

不動産売却をしようと思っても、実際にはどういう流れで売却・引渡しになるのか、売却手続きに疑問を持っている人も多いはずです。売却にかかる諸費用や税金や必要書類、また買い替えの場合にはローンの残債額などもきちんと把握し資金計画を練る必要があります。そのために、まずは売却の流れを確認します

相場を調べ、査定を依頼する方法

まず売却しようと思っている物件は実際どれくらいで売れるのか、ということを調べておきます。 これは間取りや地域などが似ている物件をインターネットの情報サイトで探したり、住宅情報誌やチラシなどで探すことで相場を調べることができます。売却の相場を調べることにより実際に売却査定を行った際の判断材料のひとつとなります。または、複数の業者に簡易査定をおこなうことで手っ取り早く相場を知ることもできます。次に、不動産業者に査定を依頼します。訪問査定では実際に現地を確認して見積もるので、正確な見積もり価格を知ることができます。また会社によって査定方法が異なっている場合があるので、複数の会社に見積もり依頼を出すことが大切です。

不動産業者と売買契約を結び、売買を始める方法

売却査定を依頼した業者から売却に関する媒介契約の連絡があるので、どの業者に依頼するかを決定します。媒介契約を結んだ業者は自社ホームページへの掲載や、新聞広告などの各種広告媒体への掲載を行い、宣伝活動を始めます。そして業者は、各広告媒体を見た物件購入希望者から問い合わせを受け、希望があれば売却する物件の見学が行われます。そして、購入したいという人が現れた時は、購入希望者が業者と申し込み手続きをおこないます。 その際、提示している物件の引渡し日や希望購入価格、代金の支払い方法などの条件交渉がなされることがあります。 納得のいく売却となるように、売り主側の希望は不動産業者にきちんと伝えるようにします。

売買契約を結び、物件を引き渡す方法

売却条件で双方納得がいったら、売買契約をおこなう場所と日程の調整、重要事項説明書の準備を業者がおこないます。売買契約締結の前には、隠れた傷への対処や、エアコンなどの設備はどうするかなど具体的な話から、不動産売却に関するさまざまな取り決めを双方の理解が得られるまで説明があります。双方納得の上で、最後に売買契約書を取り交わせば売買契約の成立です。その後は、購入者から手付金を受け取り、売却者は業者に支払う仲介手数料の半額を支払う必要があります。売買決済と同時に物件の鍵の引き渡しを行い、売買契約はすべて完了となります。なお、不動産売却によって売却益が発生した場合には、所得税・住民税などの税金を納めます。

まとめ

以上が、売却を検討し始めてから、売却物件の売買契約を結び、物件を引き渡すまでの売却手続きの方法になります。住まいを売却することは、何度も経験することではないので、全体の流れを理解しておけば行動することが重要なポイントになります

TOP